ミニマリストが財布を持たない理由とキャッシュレスのメリット

Money

ミニマリストになる前から財布という財布は持っていませんでした。

最後に財布を買ったのは、3年以上前です。

理由は数えきれないくらい財布を落としたてきたから!です。
3年前に1年で3回も財布を落とし、その時にどうせすぐ落とすからと財布を買わなくなったんですよね。結果的に財布を持たなくなって落とさなくなりました。

今日は財布を持たない理由とメリットをご紹介します。

ミニマリストはキャッシュレス派が多い

私は生活費の全てを完全にキャッシュレス化しているため、現金を持ち歩いていません。
免許の更新や病院、旅行に行く時だけ現金を持ち歩いています。

ミニマリストの人たちはキャッシュレス化している人が多い印象があります。

キャッシュレスにすると無駄使いする=クレジットカードを使うから

日々の生活はデビットカードで決済しています。
デビットカードは銀行に残高がある分しか決済できないので無駄遣いしません。
ポイント還元率も1%なのでクレジットカードよりもお得になることも。

私はメイン決済をデビットカードにする前はクレジット決済していて、明細を見て驚いてました。クレジットだと後払いなのですぐカードを切っちゃうんですよね。毎月、収入分、時には収入以上も使っていました。このことはまた次回お話します。

Zepirion(ゼピリオン) 次世代スマートウォレット

私が利用しているのはゼピリオンのスマートウォレットです。

バーをスライドさせるだけでカードが出せます。カードは段差になってくるのでカードを探す手間もかかりません。レジでのお会計がスムーズになり重宝しています。

スキミング防止機能も付いているので、個人情報が盗まれる心配がありません
このカードケースを買うまではスキミング防止カードを買って入れていたので、そのカードも断捨離できました。意外とスキミングに関しては気にしてない方も多いと思いますが、スキミングされたら個人情報やカード情報が盗まれてしまうので海外旅行に行く時などは特に対策しておいて損はないと思います。

そして薄さ8㎜ 重さ62gのスリムサイズです!ちょっと出かけたりする時はポケットに入れて出かけられます。

    出典:https://item.rakuten.co.jp/orphan/ck0/

同シリーズでマネークリップ付きもあるので、お札も持ち歩きたいという方におすすめです。

現金が必要ない


 

私の生活パターンだと現金を使う機会がほとんどありません。

 食費

職場でランチやコーヒーを買う時はApple payで決済しています。
食料品の買い出しは週に1回スーパーに行きます。

 日用品

全てLOHACOで購入しています。
LOHACOに関しては取扱商品の幅が広く、色々なショップで買わなくても、まとめて購入して発送してもらえるので一番おすすめです。

日用品だけでなく、飲料・化粧品・ペット用品も全てLOHACOで購入しています。

  交通費

モバイルSuicaを使っていて、クレジットカードだとポイントを貯めれるのでクレジットカードでチャージしています。

 交際費

会社の飲み会や友人と食事に行った時はPayPay送金か楽天銀行の割り勘サービスを使っています。手持ちの現金がなくても相手にすぐ支払えるので便利です。

これに関しても、割り勘したら何百何十何円とか端数がある場合に現金で割り勘してたら面倒くさいし、かなり非効率です。

学生時代の時も割り勘して端数が300円の時とか持ってないから今度返すね!と言われ実際に返ってきた確率は低いです。昔あるあるです。

現金を持ち歩くリスクを考える

財布を落としたり、盗難にあった時も現金が入っていなければ被害は最小限に抑えられます。財布よりも中に入っていた現金が多ければダメージも大きいですよね。

現金を持ち歩かなければカードの再発行をするだけで済みます。

現金の衛生面を考える

お札は年に一回、銀行口座から10万円を引き出していますが、使いきれずに余ります。

小銭に関しては最近でも新型コロナウイルスがきっかけで、現金を使うのを控えている人が多いようですが、何十年も前から何万人との人が触れてきたものなのでトイレの便座よりも汚いと思います。

昔、小銭を洗った時に洗った後の水が溝色になったのを見て、それが衝撃的で触りたくありません。

まとめ

現金のみのお店もあるから必要!という方は使う分だけカードケース に挟んだり、スマホケースに入れたらいいかなと思います。

現金だとお金の流れが見えません。毎日、家計簿を付けることは大変なので続かずに挫折する方も多いのではないでしょうか。

キャッシュレスにしたらお金の流れも把握できるので、家計簿の代わりになります。いつ何にいくら使ったかの収支を管理するのは、無駄遣いを見付けたり貯蓄を増やすのにも参考になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました