【ミニマリスト家計簿】一人暮らしOLの4月の生活費

Money

4月の家計簿は一人暮らしをしている中で、過去最安の生活費を記録しました!

生活費を安く抑えられたのは、理由は新型コロナウイルスの影響により在宅勤務と緊急事態宣言で、スーパーと郵便局にしか行っていないからです。

4月の生活費13万の内訳!

では早速4月の家計簿の内訳をします。
家計簿アプリの「Zaim」で収支を管理しています。

 

 

 

自粛生活の効果

会社通勤がなくなり、弁当を作らなくて済んだので食費も全体的に安いです。

3月始めの段階で新型コロナウイルスの感染が拡大し、海外のようにロックダウンが発生すると思っていたので、日用品とペット用品は2月のうちに当面の分を購入済みでした。

通信費はSoftbank光とY!mobileを利用しています。
Softbank光の利用満足度は微妙な所です。
Softbank光よりY!mobileの方が圧倒的に回線も早く安定しているような気がします。

節約を意識していた訳ではないですが、自粛生活をしただけで大幅に支出が減らせました。

もう少し家賃が安い地域に引っ越せたら、そんなに働かなくてもぼちぼち生活していけそうな金額です。

まとめ

皆さんは自粛中はいかがお過ごしでしょうか。
おうち時間を有意義に過ごせるようにと、逆に支出が増えた方もいるかもしれませんね。

私の母は暇を持て余しお菓子作りや料理、晩酌が増え、食費がすごいー!!!!と嘆いてました。遂に近所のスーパーでもお菓子の材料が品切れで買えなくなったと更に嘆いていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました